幸せの種

De
Publié par

卓越した哲学者でスピリチュアル・マスター(スピリチュアルの指導者)。1937年にブルガリアからフランスに移住し、修正そこで人びとに教えを説いてきた。その教えの著しい一面は、彼が一貫して教える「完璧さの中での人間の成長」というテーマをさまざまな方法で人びとに伝えることができるということである。どのようなトピックで議論をしていても、どのようにスピリチュアルな生術ができるか、人生をより良い方向に指揮できるか、常に適切に教えてくれる。著書に「生命の言葉365」(太陽出版)他。


Publié le : jeudi 11 décembre 2014
Lecture(s) : 5
Licence : Tous droits réservés
EAN13 : 9782818403228
Nombre de pages : non-communiqué
Voir plus Voir moins
Cette publication est uniquement disponible à l'achat
Cover

目次

幸せの種

オムラーム・ミカエル・アイバノフ

第1章 「幸せ」とは育てる才能のこと

第2章 幸せと快楽は別物である

第3章 幸せは努力の中に見つかるもの

第4章 努力の哲学

第5章 光は幸せをつくる

第6章 人生の意味

第7章 平穏と幸福

第8章 幸せになるには目覚めていること

第9章 状況を超越する

第10章 創造主への感受性を育てる

第11章 カナンの地、天が約束した楽園

第12章 精神は運命の法則を超える

第13章 幸せは高次の次元にある

第14章 幸せを追求することは創造主を追求すること

第15章 エゴイストに幸せはない

第16章 見返りを求めず人の役に立つ

第17章 見返りを期待せず愛すること

第18章 敵は有難い存在

第19章 魂と精神の庭

第20章 高次の次元で融合する

第21章 未来の創造者は自分自身

注1

オムラーム・ミカエル・アイバノフ

Omraam...

Soyez le premier à déposer un commentaire !

17/1000 caractères maximum.

Diffusez cette publication

Vous aimerez aussi

La clef essentielle

de editions-prosveta

suivant